洋服の断捨離と処分方法!不要な古着はネットの買取査定へ


最近流行りの断捨離。
私も話題の本や雑誌などの影響もあり断捨離にはまっている一人です。
まず、断捨離のコツというか私流のテクニックからお話ししたいと思います。

必要最低限の古着を残して後は処分

季節の変わり目に、ワンピース4枚、パンツ類3枚、トップス4枚、カーディガン2枚、コート1枚のみを残し他はすべてリサイクルショップへ持ち込むか、宅配買取サービスを利用して売ります。

捨てると思うともったいないと思ってしまい断捨離が進みにくい私でしたが、買取でお金に換えることによって、もったいないというよりも、お金に換えて後のわくわくする新たなお金を生む使い道の喜びのほうが勝るので断捨離が心から楽しめます。

⇒ 宅配買取で古着を売る!口コミで評判のいい買い取り店はこちら

買取してもらって手元にお金が入ったら、ちょっとしたご褒美で、何か美味しいものを食べに行くようにしています。
新しい服を買うのもいいですが、洋服とは別のことにお金を使うと売って良かった♪と思えるから不思議です(笑)

古着の断捨離を意識するようになって、衣類を購入する際は、自分が使用して後に売れる前提で購入するので、無駄な買い物をしないようになりました。
安くてすぐダメになるものは購入せず、少し値が張っても丈夫で飽きが来ない流行にとらわれない商品を選ぶようになってきました。

結果、無駄な買い物をしなくなってお金もたまるようになってきたのも事実です。

少ない洋服でお洒落を楽しむならアクセサリー使いがポイントになる

限られた数の服でおしゃれを楽しむには、ポイントとなる色のアクセサリーで遊ぶこともおすすめです。

ショールやスカーフペンダントは上質なものを2点ずつ持っていると、同じ服でも印象が変わります。
また、少ないアクセサリーなどは保管する場所も取らず、壁につけたひもやフックで、見せるおしゃれなインテリアにすることで、服のコーディネートに悩まなくて済むという利点もあります。

ここまでは、メリットをお話してきましたが、私の中のデメリットも一つあります。
それは断捨離し過ぎで楽しさから、必要かもしれないものまでも、リサイクルショップや宅配買取サービスで売ってしまうことです。

ノリノリで断捨離して、部屋も綺麗になって良いことずくめなのですが、売ってしまうことによって、急に参加しなくてはならないイベントがあったときに、着る服がなくて反省することもあったり。
あ、あの服、買取してもらわず持っておけば良かったな・・・なんてことも、たま~にあります。

そこは私だけかもしれませんが、断捨離の際の唯一のデメリットだといえるかもしれません。